銀河のマヤのホームページ


古代マヤ暦の真実


日本各地に、まことしやかに喧伝され出まわっているマヤ暦情報。
いまや、「マヤ暦」と名のつくものは無数に存在します。
初めての人やマヤ暦の裏事情を知らない人たちからすれば
何が何だかさっぱり訳が分からないといった状況と言えるでしょう。
マヤに関する「本当のこと」は、
マヤ暦占いやマヤ暦リーディングをしている当事者たちでさえ
実際のところ、知らないのではないでしょうか。
「マヤ暦業界?の裏事情」を、全て知り尽くしている私たちは
このホームページで、日本で「マヤ暦」と呼ばれていることに関する
真実の情報を公開したいと思いました。
幸運にも、今世で「銀河のマヤ ツォルキン」と出会ったにもかかわらず
真実が一体どこにあるのか辿りつけないように
巧妙に隠されていたことが、ここに掲載されてあることを読まれることで
明らかになるのではないかと思います。
是非、あなた自身のために、また、あなたの大切な存在のためにも
注意深くご覧になってください。
※このページは、不定期に更新されてゆきます。
本当の情報を知りたい人は、逐一のチェックをお勧めします。



マヤ暦Q&A

マヤ暦には、潜在意識と顕在意識を表す紋章があると聞きました。
本当なのでしょうか?



マヤ暦には流派があって、それぞれ発信する
流派によって見解が異なると聞いたのですが、
実際のところ、どうなのでしょうか?



古代マヤ暦に、「絶対反対キン」というものがあると知りました。
4000年前から、そのような教えが本当にあるのでしょうか?



マヤ暦で、銀河の音11を持っている人は、「生きにくい」とか「変人」
みたいなことを聞いたのですが、本当にそうなのでしょうか?



マヤ暦で、黒キンという波瀾万丈な人生を歩むキンがある
と聞きました。本当でしょうか?



マヤ暦には、角キン(かどキン)というキンがあると聞きました。
本当に存在するのでしょうか?



13の月の暦は、4000年前からある古代マヤ暦ですか?



マヤ暦を通して「人の道」を説いている先生って
素晴らしいのではありませんか?



古代マヤ暦を習った友人に、みてもらったのですが、
その友人は易を使ってマヤ暦の解釈をしていました。
マヤ暦は、易でみていいのでしょうか?



古代マヤ暦、超古代マヤ暦、銀河のマヤ暦など、
いろいろあって、何がなんだかよく分かりません。



マヤ暦の「うるう年のカウント」について
本当のことを教えてください。



260日周期のツォルキンと、365日周期の「13の月の暦」と、
どちらが大切なのですか?



260日周期のツォルキンは心のリズム、
365日周期の「13の月の暦」は、
私たちの現実の身体のリズムと聞きました。
心は目に見えないし、やはり目に見える現実が大切なので、
「13の月の暦」を優先した方がいいのでしょうか?