銀河のマヤのホームページ

マヤ暦Q&A


260日周期のツォルキンと、365日周期の「13の月の暦」と、
どちらが大切なのですか



どちらが大切と言われた場合、両方が大切と言わざるをえないです。
しかし、アルクトゥルスの意識体から情報を受け取られていた
ホゼ博士が、私たち地球人類に本当に使って欲しかったのは、
ツォルキンです。

ホゼ博士は、西暦(グレゴリオ暦)が人類を
振動的に縛りつける目的のものというは、よく分かっていました。
ですが、地球が365日周期を刻む故に、
私たちにいきなり260日周期ツォルキンを意識しましょうと言っても
ヘヴィということも、よく分かっていました。

そこで、まだまだ宇宙的に未熟な私たちに対して、
本当に意識して欲しいツォルキンにスムーズに移行できる様にと
苦心された結果、私たちの惑星の周期と同じ365日周期なのだけれど、
自然の周期を大切にした28日×13ヶ月+1日のカレンダー、
「13の月の暦」を、わざわざ創られたわけです。

確かに、28日(7日×4)×13ヶ月というリズムは、
私たちの生活や意識に調和的なリズムです。
7月26日を毎年のスタートとしていることも、非常に理にかなっています。
ですが、ホゼ博士が、私たち地球人類が、
単なる一惑星の範疇に留まらず、
「銀河人類としての自覚に目覚めるため」には、
13対20のリズムを体現することに気づいて欲しかったのです。

13:20の計時周波数のための13の月の暦だということを、
大前提として認識理解しておかないといけません。

西暦(グレゴリオ暦)とツォルキンとでは、365日周期と260日周期なので、
最初はなかなか意識を合わせにくいかも知れません。
ですがそれは、私たちが12対60の偽りの計時周波数によって
電磁波的に洗脳されているが故の使いにくさであり、
自分自身が信念体系として刷り込まれている常識に
洗脳されていることを自覚しないといけません
ツォルキンが使いにくい意識をしにくいと言うのではなく、
それほどまでに偽りの周波数に自分自身が侵食され、
その縛りから抜け出せていない自分自身をまず謙虚に反省すべきです。
文句を言う相手を間違わないことですね。

ホゼ博士は、明確に『正しい計時周波数、
すなわち「13の月の暦」にコード化されている13:20に応じて、
私たちのDNAをテレパシー的に組織化しないといけません』
と論じられていました。
また、『時間は心的な構造物である。(中略)重要なことは、
この心的な構造物が、時間の法則の正しい13:20の周波数の中にある
ということです』とも述べられていました。

ホゼ博士は、西暦(グレゴリオ暦)のリズムが、
私たちに歪んだ影響を与える恐ろしさを憂慮され、
古代マヤに存在した伝統的なトゥン・ウクを活用しつつ、
人類を13:20に導こうとされました。

ホゼ博士や、銀河のマヤや、13の月の暦について、
あれこれと持論を述べることは、個々の勝手ですから、
好きに発信していればいいですが、
ホゼ博士の真意をねじ曲げ周囲を混乱させる様な迷惑な行為は、
あまり好ましくない行為かと思います。



マヤ暦Q&Aのページへ戻る