銀河のマヤのホームページ

マヤ暦Q&A


マヤ暦を通して「人の道」を説いている先生って
素晴らしいのではありませんか?


人の道を説くことは、何もマヤ暦でなくても出来るはずです。
マヤ暦(本当は銀河のマヤ)を体よく利用して、
人の道を説く輩には、くれぐれも気をつけた方がいいでしょう。

大切なことは、耳に良いことや、誰もが「うんうんそうだよね」と
優しく甘い人の道を説く人よりも、真実を語る存在を見極めて、
真摯に耳を傾ける謙虚さを持つことではないでしょうか。

世に中には、「いいお話し」が出来て、口がうまい詐欺師だっているのです。

私たちは2013年7月26日「銀河の同期ポイント」から
本格的なヌースフィアの時代に突入しています。
真実を見極める眼を持たないと
あっという間に騙され闇に連れて行かれかねない段階を迎えています。

そのマヤ暦を使って「人の道」なるものを説く先生が
日本で「古代マヤ暦」と誤解されている、「銀河のマヤ ツォルキン」が
地球人類の水晶体を活性化し、惑星装置の本来の機能を取り戻し、
惑星マニトゥとして、地球の光体を構築することを目的とし存在している
ことを、きちんと説明してくれるか否かで
見極められては、いかがでしょう?


マヤ暦Q&Aのページへ戻る