銀河のマヤのホームページ

マヤ暦Q&A


マヤ暦には流派があって、それぞれ発信する
流派によって見解が異なると聞いたのですが、
実際のところ、どうなのでしょうか?



まず、日本で「マヤ暦」と誤解されているのは、
1990年にアメリカ人のホゼ・アグエイアス博士によって提唱された
「13の月の暦」と、その中に展開されてある
高次元からの宇宙情報「銀河のマヤ ツォルキン」です。
マヤ暦に流派などありません

どうして、このようなデマが広まってしまったのか?というと、
2005年から、「銀河のマヤ ツォルキン」を、「4000年前の古代マヤ暦」と
根本的な部分を勘違いしたのか、もしくは、ビジネス展開として
古代マヤ暦とうたって発信した方が、集客する時に都合がいいと
判断したのか、「マヤ文明の時代から先住民が使っていたマヤ暦だ!」と
誤って広めてしまった人たちがいたためです。
確かに、「13の月の暦」は、2005年以前にも「マヤ暦」と
誤解されていた事実はありましたが、天体周期研究家の高橋徹さんは
ホゼ博士の宇宙情報にも着目されながら、
マヤ文明のカレンダーについて論じておられました。

ですが、2005年以降にホゼ博士の銀河のマヤツォルキンをしった人たちは
あまりにも大々的に「古代マヤ暦」と断言して
歴史的な考察や、ましてや高次元科学の宇宙情報などには
一切触れないで、「ロマンチックな古代の暦」という
一般人が食いつくフレーズだけを前面に出してしまうという
商業戦略的な発信をしてしまったことで
大混乱が生じてしまったというのが、本当のところです

2005年から始まった「マヤ暦占い」によって
マヤ暦勉強会が日本各地で開催され、そこで
誤った情報を聞いてしまった人たちが、
さらに、独自の「自分の感覚」や「自分の勝手な見解」、
「勝手な思い込み」、また、「他のツールや占術と組み合わせ」を
行い、次々と「オリジナルマヤ暦」が誕生して行きました。
そのような人たちが最初に興味を持ったのは
もともとは、ホゼ博士の銀河のマヤ ツォルキンでした

今後の判断基準としては、「古代マヤ暦」や「マヤ暦」という
表現を使いながら、マヤ暦ではないホゼ博士が創り出された
ツォルキンを使っていたり掲載してあれば、
それらは全て根本的な部分が歪んだ形で発信されてあるもの
と思っていいでしょう。
これは、有名なスピリチュアルリーダーさんであっても
古代マヤ暦と勘違いされておられる人も多いくらいなので
初めての人が混乱するのは仕方のないことかと思います。

マヤ暦に流派があるように感じるのは
各個人が好き勝手な見解を述べ、それらが書籍にまでなって
様々に出版されたりSNSが盛んな現代に情報として
まことしやかに流されているためです。
マヤ暦に流派など存在しませんので、
本当に1つしか存在しない、マヤの真実に辿り着かれることを祈ります。



相互次元における周波数としての
銀河のマヤ ツォルキン↓↓↓



マヤ暦Q&Aのページへ戻る