銀河のマヤのホームページ

最新銀河のマヤ本2019
『銀河のビーム : マヤ ツォルキン』
〜「時間支配の網(無限ループ)こそが人類に隠された最大の秘密〜
Amazon


マヤ暦Q&A


マヤ暦には、角キン(かどキン)というキンがあると聞きました。
本当でしょうか?



古代マヤの教え、古代マヤ暦に「角キン」という、
わけの分からないキンなど存在しません
そして、高次元の宇宙情報としての銀河のマヤ ツォルキンにも
角キンいう意味不明なキンは、存在しません
日本で広まっているマヤ暦占いの創始者が、
2005年以降に面白半分で創り出した何の脈絡もないものです。
マヤ暦占いでは、波乱な人生を歩むKINを「黒KIN」とし、
まるで鬼の首をつかまえたかの様に
「黒KINの人は、波乱な人生を歩む」、「黒KINは家族を振り回す」などと
マイナスイメージを植えつけさせるような説明をしています。
その黒キンに、さらに輪をかけて「大変な人生を歩むキン」ということで
そのネーミングを、「角キン」としているようです。
ですが、KIN1、KIN20、KIN241、KIN260は
そんな滅茶苦茶なKINでは決してありません。

なぜなら、ツォルキンは単なる平面図ではないためです。
ツォルキンは球体です
ですから、角(かど)など、あるわけがないのです。

もしも、あなたの身近に「角KIN」なんてことを言っている人がいたら
「まぁ、誰にでも間違いというものはあるので、
もうこれ以上恥ずかしいこと言っていないで
これからは、悔い改めてまっとうな生き方をしてくださいね」と、
諭し赦してあげてください。

ツォルキンは球体↓↓↓



マヤ暦Q&Aのページへ戻る